勝手気ままにイラストコラム

音楽・芸能ネタのイラストコラム。育児マンガ・水彩イラストは「Suiの水彩日記」にて。

「おっさんずラブ」の支持は、日本の空気が変わっていく兆し?

回を重ねるたびに話題沸騰(?)の「おっさんずラブ」も、最終回目前になりました。

毎回「何で何で?」とハラハラさせられますね〜。

しかし前回、第6話は衝撃的でした!特に最後のシーン・・・

見ていない方のために、今までの簡単なあらすじや副音声情報などまとめてみました。

(前回まではこちら )

suisa.hatenablog.com

f:id:SUISA:20180528195110j:plain

 

 (イラストは、第6話の副音声情報に基づく出演者のイメージです。)

3〜6話のざっくりとしたあらすじ

黒澤(吉田鋼太郎)の妻、蝶子(大塚寧々)は不動産会社に黒澤の不倫相手がいると踏んだのだが、実は黒澤の片思いの相手が春田(田中圭)だと知って動揺する。

しかし春田はなんとか、黒澤にきっぱりとお断りをしたのだった。

その一方で、同居する牧(林遣都)が出て行こうとした時になぜか必死に引き止めてしまい、それをきっかけに牧と付き合うことに・・・。

そのハグを偶然見た、春田の幼馴染のちず(内田理央)は、自分が春田のことを好きだということに気が付いてしまう。

しかし時すでに遅し。

告白しようとした時に、春田から「牧と付き合ってる」と言われるのだった。

牧の方は、春田と付き合えて嬉しいものの、春田が自分との関係を隠そうとするのが気になる。

しかしなんと春田は、職場で「自分と牧は付き合ってる!」とカミングアウトするのだった!

その発言を聞いて黒澤は、自分が春田に振られた原因が「自分が男」だからではないと知る。

そして、蝶子とも協力して巻き返しを計るのだった。

一方の牧は、皆の前では関係を濁して去ってしまう。

春田と付き合い続けていいのか・・。それで春田は幸せになれるのか。

自分の家に春田を「彼氏」として紹介するものの、元彼の武川に迫られたり、春田の母の言葉などに動揺する牧。

そんな中、ちずが春田に告白し、春田がちずを抱きしめているところを目撃してしまう。

結局牧は春田と別れることにしたのだった。

そして1年後・・・

春田と一緒に住んでいるのは、ちず。

ではなく、なんと黒澤だった!?

f:id:SUISA:20180528195135j:plain

6話目は波乱すぎる!

5話目で春田が牧くんと付き合うことになった時、思わず「えー!?」って言いました。

・・・なんでそうなるの?

いや、ちずちゃんが好きだったんじゃなかったの?って。

でも、春田と牧君が二人がデートしているところは微笑ましくもあり。

たまに見せる、牧君の切なそうな顔がいいんですよね。

些細な仕草、目線など・・・ゲイが細かい! 

 

5話では黒澤(吉田鋼太郎)の出番があまりなかったんですけど、6話ではしっかりアピールしてきました。笑

自分が振られた理由が「男」だからではないのなら、「経済力」「包容力」「大人の色気」「家庭的」など、彼には色々な武器がある!

それを使ってあの手この手で春田を落とすしかない・・。

 

元妻蝶子のアドバイスなのか?

テールランプを点滅させて「ア・イ・シ・テ・ル」。

しかし、春田には「サ・ヨ・ウ・ナ・ラ」に解釈されてしまうという。(いや・・・時代?)

 この時点で、黒澤の望みは絶望的かな?って思いますよね。

 

しかし結局牧が身を引いて・・じゃあ春田はちずと付き合ってるのかと思いきや!

 

f:id:SUISA:20180528194851j:plain

な・ん・で!!

黒澤と暮らしてるの・・・!

あまりの春田の流されぶりにイラつきました。

いや、いくら何でもそれはないでしょ・・。

 

しかも来週予告では黒澤と春田は結婚するかも、というシーンが。

 

また副音声が復活

田中圭さん、内田理央さん、監督陣の瑠東東一郎氏とYuki Saito氏)

毎回副音声があるのかと思って期待したのですが、そういうわけではなく、がっかりしていました。

でもやっぱり好評だったからかまた復活!

内田理央さんはもうクランクアップしたようで、おっさんずラブロスになっているようです。

視聴者からの質問にあれこれ答えていましたが、印象に残った話題

出演者を動物に例えると・・・

春田(田中圭)は柴犬か狸。ウーパールーパーという意見も。

武川政宗眞島秀和)はチベットスナギツネ。(似すぎ!)

牧凉太(林遣都)はチワワ。

新井ちず(内田理央)は狸。

なんだかみんな納得!

でもなんで黒澤(吉田鋼太郎)だけキューピーなの?

f:id:SUISA:20180528194945j:plain 

このドラマがここまで指示される理由

さて今更ですが、このドラマのテーマは「愛した人が同性だった」こと。

今まで同性愛者を描いたドラマはあったかもしれませんが、おじさんの純愛で、しかも同性愛ってなかったですよね!

吉田鋼太郎さんのあのキャラクターがあったから、見てる側も明るく自然に受け入れられたような気がします。

田中圭さん、林遣都さん、そのほかの俳優さんすべてがあまりにもいい味出してる!

このドラマでは、黒澤の妻、蝶子と牧の父親は突然の告白に驚きましたが、他に同性愛だからって否定する人はほぼいません。

でも、やっぱり現実はもっと驚く人が多いでしょう・・。

とはいえ、ここまで支持されるのは、「同性愛」に対する見方が少し変わっているからではないのでしょうか。

 

実は日本にも同性愛者は人口の8%はいるらしいのです。

知らないだけで、たくさんいるってことですね。

しかし例えばオーストラリアなんかはすごく同性愛者(LGBT)が多くけっこう自然なこととして受け入れられていて、大規模なパレードも行われています。

 

先日は勝間和代さんが、女性を好きになって一緒に暮らしていることを公表しました。

勝間さんは完全に女性だけが好き、というわけではなく、男性でも女性でも、その人次第で好きになるとのことです。

彼女のカミングアウト記事には、祝福のメッセージで溢れていました。

 

さて私は・・・。

祝福というか「あ、そうなんだ」と思いました。

勝間さんて(勝手なイメージですが)少し男性脳っぽい気がしたので、そんなに違和感を感じませんでした。

が、勝間さんはお子さんが三人いらっしゃいます。

私も子供三人。

・・・自分もこの先、女性を好きになることがもしかしてあるのかな?ってちょっと考えました。

正直、全くそうなる気はしないのですが、もし自分が女性を好きになっても、なかなか周囲の人へカミングアウトは難しいなぁって思います。

他人がどうであろうと気にならないけど、もし親だったら?子供だったら?

結局、そこなんですよね。

だからこそ、やっぱり勝間さんも勇気がいっただろうなぁ。

 

でもこれから、異性が好き・同性が好き、結婚する・しない、子供を産む・産まない・・・

色々な選択肢で多様な生き方が堂々とできるようになってくるのかも。

だから今までみたいに「男女が結婚して子供産んでその子供が働いてまた結婚して」という日本の家庭のモデルケースはは書き換えないといけないのかもしれませんね。

 

このドラマが制作され、しかもかなり支持されていることが、どんどん時代が変わっている兆しなのかもしれないなって感じました。

 

suisa.hatenablog.com

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村

日大アメフト問題で見えた「洗脳」の怖さと、ホリエモンの教育論

日大のアメフト選手が、関西学院の選手に対して行った悪質タックル問題。

おとといタックルを行なった選手本人が記者会見をし、経緯を説明しました。

 

これを見て「何でこんなまっすぐな若者が、こんなひどいプレーをしてしまったんだろう」

とあらためて思いましたね。

 

しかしそれを受けてか、昨日ようやく会見を開いた、監督とコーチ。

「やっぱりだな・・・」という感じでしたね。

なんとか「そういうつもりじゃなかった」と逃げ切ろうとしてる。 

この会見は日大の現役選手たちからも怒りの発言が相次いでいるとか・・。

 

他の選手たちも、悪質プレーをしてしまったのはもしかして自分だったかもしれない、と人ごとではないんだと思います。

f:id:SUISA:20180524133652j:plain


この若者も怪我させられた若者も、間違いを認めないこんな大人達に未来を歪められてしまった。

 

普通に考えたら「おかしい」と思うことも、絶対的な立場の人間からの命令でや流れの中で、追い込まれてしまう場面があることは想像できます。

戦争はその典型ですよね。

タックルした選手はしばらく試合に出させてもらえないなど精神的に追いめられていて、悪質タックルせざるを得ないような精神状態にまでなっていました。

まるでマインドコントロールです。

 

若者が強い立場の人間の言うこと拒否できずに「潰される」ことのないようにするにはどうしたらいいか?

 

そもそも、いまだに日本での「教育」は戦時中からあまり変わっていない、「目上の人から言われたこと、ルールを何が何でも守ること」に重きを置いています。

「理由」なんかない。そこに「ルール」があるから、だから皆守るべきなんだ。

というような、思考停止して従うのが良いと言わんばかりの教育。

 

つくづく疑問を感じていた時に、堀江さんの書いたこの本がamazon prime電子書籍になっていたので、興味が湧き読んでみました。

 

  

  • 学校、そして会社は「洗脳機関」である
  • 貯金型思考から投資的思考へ
  • 親として、子供に何を伝えるか

 

学校、そして会社は「洗脳機関」である

学校は「知識」ではなく「常識」を植え付けるための機関。

そしてその目的は「従順な働き手」を養成するためである。

  

これは本当にその通りです。

私の別ブログでは何度も書いているんですが、子供が中学校に入って驚いた事がいくつもあります。

 

教科書は毎日全部持ち帰りさせる。

お弁当・水筒、ジャージなどの荷物も入れると全部で10キロくらいになるので、大人でも持ちたくないような重さ!

持ち帰って勉強するため、と理由はつけていますが、全部勉強しないよ、普通。

 

さらにたくさんの「無意味」なルール。

制服着用というのは、生徒が服に悩まなくてすむこともあり、ある程度は納得できます。

だけど、靴下は白・黒・紺だけとか、下着は白とか、決める意味がわからない。

暑くてもなんでも夏服移行期間まではジャケット・ネクタイ着用などは、もはや健康を害します。

その理由が「将来スーツを着るときに困らないようにするため」!

・・・でもそういう先生がスーツ着ていない。笑

 

他にも短かすぎる昼食時間(15分以下)、トイレに授業中行きたくなったら先生と一緒に行くとか、他のクラスや階には立ち入り禁止など、まるで刑務所か強制収容所です。

 

中学校は「子供のための教育を受けさせる場所」ではなく、「ルールに従うことを叩き込む場所」なんだ!と子供を通して実感しました。

 

会社もまた「洗脳機関」である

今の日本の大多数の会社はまるで「軍隊制度」。

パワハラやセクハラだらけの非合理的で旧態依然とした組織のまま。

 

 若ければ若いほど、素直なら素直なほど、学校で受けた洗脳は強力に刷り込まれます。

 

暑くてもジャケットを着続けることや重いだけで必要のない荷物を運んだりするように、自分の精神や身体が限界を迎えても「やめる」と言えない人たち。

真面目で勤勉な人ほどその呪縛にがんじがらめになってしまう。

その結果、過労死や鬱による自殺が多くなって。いったい何のための「教育」なんだか・・・。

 

続きを読む

母とのカラオケが、ほぼ格闘技だった!

今週のお題「おかあさん」

 

先日、母の日のお祝いを兼ねて母と食事をしました。

母ももう70代・・・若い時から体のあちらこちらの不調が多かったのですが、最近はさらに具合の悪いところが増えてきたようです。

 

白内障のほか、喘息になってしまい、声が出ないときもあるそう。

f:id:SUISA:20180514161245j:plain

 

しかし食事をしながら2時間くらい話した後は、母のリクエストでカラオケに行くことになりました。

母曰く、カラオケで思いきり発声すると、声がでるようになる上、体の運動にもなるという・・・。

母は毎週通っているらしく、ルームナンバーも決まっています。

 

そして、入るなりウォーミングアップの曲を歌い出しました。

 

母のカラオケは、のんびり歌って楽しむという雰囲気ではありません。

立つのはもちろん、足の屈伸、腕の振り・・・。

声は腹式呼吸のためかマイクがいらないほどです。

まさに、全身運動!

 

f:id:SUISA:20180514170604j:plain

 

そして母は、「プロカラ」というコースを選択しているので、画面に音程のバーのほかしゃくり、こぶし、フォール、ビブラートが出て、最後には点数が出るのです。

 

ウォーミングアップの曲は5番くらいまであり、3番目くらいで「もう終わりかな_」と思っているとまた始まる、という感じで10分くらいありました。

 

ちなみに最後に出た「消費したカロリー、11kcal」

歌で11kcl消費ってけっこうすごいんです。しかも母は身振り手振りが加わり、声も大音量ですから、その3倍以上は消費していると思います。

 

母の後は私も歌いました。

しかし、母は「面倒だから」とその間に3曲入れていました。

 

そして母のリクエストの曲が始まり、またstand up&dansing!

3曲を全力で歌います。

 

吉幾三の「酒よ」

酒よ

酒よ

  • provided courtesy of iTunes

 

では98点以上が出ました!

 

f:id:SUISA:20180514161322j:plain

 

母はカラオケに行くと、採点の点数をすべてメモしています。

過去の採点と比べて低いと、どこが悪かったのかを見て、次回そこに気をつけるようです。

しかし、ほとんど95点以上・・・!

私は良くて90点くらいです。

 

f:id:SUISA:20180514161257j:plain

「○○(私の名前)も3曲入れていいわよ。」と言われましたが、3曲続けて歌う自信はないので、椎名林檎宇多田ヒカルの曲、2曲にしました。

 

人魚

人魚

  • provided courtesy of iTunes

 

ありあまる富

ありあまる富

  • provided courtesy of iTunes

 

しかし2曲でも苦しい・・・酸欠になりそう。

そして、母はまた3曲続けて入れました。

夜明けのスキャット

夜明けのスキャット

  • provided courtesy of iTunes

 

そのうちの1曲は「恋の予感」

恋の予感

恋の予感

  • 安全地帯
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

f:id:SUISA:20180514161329j:plain

ビデオでは玉置浩二さん本人が出ていましたね・・・。

若いな〜。

一緒に出てる女優さんが、一瞬石原真理子さんかと思いましたよ(違った)。

ちなみにこの時の点数は93点。

苦しいと言いながらも、その得点に母は悔しがっていました。

 

「そんな真剣にやらなくても・・・」と言うと、

「死ぬ気でやらないとやる意味なんかないわよ!」

 

f:id:SUISA:20180514161305j:plain

え!死ぬ気で・・・?

カラオケというより、ほぼ格闘技!

・・・つまり、その心意気があの点数なんですね。

 

私の歌に対しても「あの歌手の曲が声質に合ってる」とか、最近の曲に挑戦した私に「同じ曲を練習するべき」と得点アップのアドバイスをくれました。

ちなみに私が歌った曲も全部メモしています。

 母のお気に入り↓

紅い花、青い花

紅い花、青い花

  • provided courtesy of iTunes

 

孫と一緒に行っても、このスタンスが全く変わらないので、誰も母の体力とペースについていけません。

(子供たちは「カラオケガチ勢だよね」と言っています。)

 

でね、色々体の具合が悪い母なんですけど、こんな感じなので、どうも大丈夫って気がするんですよね。

だって、格闘カラオケできるんですから。

この時は2人で休まず(母の方がもちろん多い)歌い続けて1時間半。

いつもは友達とこんな感じで2人で3時間らしいです。

 

絶対私より体力あるよ。

 

で、カラオケから出て歩く時も、あっという間に先へ行ってしまいました。

 

f:id:SUISA:20180514161316j:plain

 

人には合わせられない母。

一時期母の考えについていけず、2年間くらい全く会わない時がありましたが、これからはまた、こんな時間を作ろうかなと思っています。

すみません、アイドル甘く見ていました!加藤シゲアキさんの本

先日中学生の長女から「閃光スクランブル」を勧められました。

 

あのジャニーズのグループ、「NEWS」加藤シゲアキさんが書いた本でした。

正直、特に興味があるわけではなく「ああ、そういえば本書いているんだってね!」と読み始めたんですが・・・。

 

読み終わって「アイドルが書いた本」だと思ったことにすみませんと・・・、

いや、アイドルそのものに対して甘く見ていた自分がいたことに、本心で謝りたくなりました。

 

閃光スクランブル」の後に読んだ「ピンクとグレー」、そしてその後の短編集の感想を交えながら紹介しようと思います。

f:id:SUISA:20180424172542j:plain

 

ピンクとグレー

ピンクとグレー (角川文庫)

ピンクとグレー (角川文庫)

 

 

主人公河田大貴(芸名 河鳥大)と鈴木真吾(芸名 白木蓮吾)は親友だった。

ある日、ひょんなことから読者モデルになり、一緒に芸能界入りした二人。

でもどんどん売れていく「白木蓮吾」と違い、河田はパッとしない。

どんどんすれ違っていく二人・・・そしてとうとうある日、決別する。

数年後に再会したのだけど、なんとその翌日に「白木蓮吾」は死んでしまった。

なぜ?

河田は彼がどう思い、どう生きて、そしてなぜ死ぬことになったのか、「白木蓮吾」を演じなりきることで辿っていく。

 

 

閃光スクランブル」を読んでからこの本を読んだのですが、「ピンクとグレー」が加藤さんのデビュー作です。

 

やはり最初だからか少し文章が読みづらいところはありました。

読み始めるまではもっと字が少なくて、エッセイ的なものかと思っていたんですけど、400字詰め原稿用紙357枚分のボリューム(わざわざ書いてありました)!

それでもどんどん読み進んだのは加藤さんが芸能界でどういうことを感じているのか興味もあったし、実際面白かったからです。

 

同じ芸能界を目指しながらも親友と自分の間にどんどん広がっていく差に対しての焦り。

 でも「白木蓮吾」が才能を認められて売れっ子になるのにも、それなりの理由がある。

 死んだ姉の影響もあり、「表現者であること」を真摯に考えている「白木蓮吾」。

普段から考えていることでアドリブが生まれる。

そんな「白木蓮吾」と自分の差に気がついて河田はハッとする。

 

ここら辺の描写は、実際に加藤さんが芸能界で仕事する上で感じたことなんでしょうか。

 でも「白木蓮吾」が表現者としてストイックになればなるほど・・・色素を持たないメダカがある日消えたように「自分」がどんどんなくなっていく。

 

 親友や彼女と過ごした楽しい時間の描写があるだけに、今の孤独感が浮かび上がります。

 

スターはやっぱり大変だろうな・・・。

 

そして「アイドル」っていうとちょっと軽く思っていたけど、歌やダンスやアドリブなど、それぞれに本当に努力しているんだろうな、とあらためて思いました。

それでも皆努力が報われるわけではないし、事務所の力や数値化できないイメージの良し悪しでちやほやされたり、バッシングされたりするのだから、普通の神経じゃやっていくのは相当辛そうですよね。

加藤さんのように繊細な人はなおさら。

 

でも作家という目で見るなら芸能界はネタの宝庫かもしれませんが。

 

 閃光スクランブル

閃光スクランブル (角川文庫)
 

カメラマンの巧は、一時は才能を開花させ期待されていたが、妻の死をきっかけに刹那的に日々を送っていた。

今やゴシップ写真で生計をたてていた巧が目をつけたのは人気グループアイドルの亜希子。

どうやら彼女は大物俳優と不倫しているらしい。

しかし決定的瞬間を狙う巧は、突発的な出来事から亜希子をつれて逃げるはめになってしまう。

一体どうなってしまうのか。

 

ここに出てくる亜希子は、まるでAKBのような人気アイドルグループのメンバーです。

彼女はとても努力家で責任感が強い。

でも芸能界は厳しい・・・彼女は時代の波においやられようとしていていました。

精神的なバランスを崩していく亜希子。

知名度があがるほど、無責任な言葉や残酷な視線にさらされていく。

どれほど応援する人がいても、一部の心無い言葉に傷ついてしまう。

 

この本で印象的だったのは、名前や顔を持たない、傷つける言葉を簡単に吐く人たちの無自覚さと、羨望、悪意や嘲笑の中でボロボロに傷ついてしまう、明るいスポットを当てられた人たち。

心の傷の痛みのやり場がなく、自傷に走ってしまう。

立場は違えど心に傷を持っている巧もまた、刺青を重ねることによって体に痛みを与えていきます。

 

加藤さんも傷を隠しながら笑っている人を間近で見ていたのかな?それとも自分自身が?

 

自分の環境に対して不満を抱えた人のはけ口にされているのではと思うようなバッシングやプライバシーの侵害も、有名人ということで当たり前にされているようなところありますよね。


この話の中で、偶然の出来事から一緒に逃亡することになった亜希子と巧ですが、傷ついたもの同士が一緒に過ごすことでいつの間にか癒しあう・・。

二人が「再生」していくところに希望がありました。

安易に「恋愛」にならないのがよかったです。

傘をもたない蟻たちは 

傘をもたない蟻たちは

傘をもたない蟻たちは

 

加藤さん初めての短編集
「染色」「Undress」「恋愛小説(仮)」「イガヌの雨」「インターセプト」「にべもなく、よるべもなく」の6編。

美大生やサラリーマン、小説家、女子学生、自信家の男、男子中学生が主人公の物語。

 

正直、この本が一番びっくりしました。

今までは芸能界をモチーフにしたものが多かったのですが、この短編集の主人公は様々です。

話の内容もそれぞれ、全く違う。

どれも面白くて、ベテランの小説家が書いたんじゃないかと(いや加藤さんはもう立派な小説家さんですが)思うほどの読み応えのある1冊でした。

 

むしろ芸能人でありあのルックスだから、それが評価にマイナスに作用してしまうのではないか?と思うほど・・。

で、この小説では今まではあまり出てこなかった性表現もあり、しかもけっこう生々しい。

ジャニーズ事務所、大丈夫なんだ・・・?と思いましたね。

 

中でも印象に残った2編。

「Undress」は脱サラしたサラリーマンの話。

自身と希望に溢れた再スタートのはずだったのに・・・どんでん返しにはびっくりしました!
うまいとしか言いようがない。

「イガヌの雨」は、イガヌという謎の食べ物に夢中になる周囲と、頑ななほどに食べない主義のお祖父さんとの間で葛藤する女子高生の話。

ちょっとSF的で、今ままでで一番違う印象でした。

 

今までは繊細な内面を抱えた主人公が多かったんですが、この短編集はちょっとミステリー要素が加わって、書くものの幅が広がったような印象を受けました。

 それと、アートや心理学、広告代理店など、色々なジャンルの知識がすごい・・・。

 

加藤さんは他にも「Burn」

Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 

 

「チュベローズで待ってる」を執筆しています。

 

「チュベローズで待ってる」は2年半ぶりの新作だったらしいのですが、それにしてもこれだけ多くの小説を短期間に出すのはたぶん小説家だけの活動だとしてもなかなか難しいのでは・・・。

才能が溢れているんですね。

 

これからも、常に新作をチェックしていきたいです。

 

suisa.hatenablog.com

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

「 Suiの自己紹介」と「目次」

このサイトの管理人、Suiです。

はてなブログは2017年7月から開設したのですが、今年に入ってからSSL化したからなのか、なぜか継続期間がそこからになっています。

f:id:SUISA:20170724150809j:plain

そもそも2017年にWordpressでブログを作成したのですが、育児漫画・ハンドメイド・アレルギー・イラストエッセイと、多種になりすぎてしまったので、映画や本の感想を分けようと思ってはてなブログを作成しました。

もともと感想系のブログはあまり間口が広くないので、はてなだったら少しは広がるかな・・・と思ったんです。(実際は広がっていませんが)

 

Wordpressのサイトの運営もしているので、はてなブログの更新は「あ、まだ続けていたんだ」というくらいのペースです。

だけど記事は本当に自分の心に響いたものを、ちゃんと書こうと思っています。

よかったらお付き合いください。

 

 

●カテゴリー別 目次

<本>

<映画>

<ドラマ・テレビ番組>

<音楽>

<BAD or GOOD?>


自サイトはこちら

インスタグラム

<水彩エッセイ>


  <育児マンガ>

勝手気ままにイラストコラム 目次 <BAD or GOOD?>

世の中的にアウトな人や出来事。だけど、自分にとってはどうなのか考えた投稿や、自分が「これはいい!」と思ったものの投稿です。

アレルギー・ハンドメイドなどの育児漫画や水彩エッセイのサイトはこちら

 

●カテゴリー別 目次

<本>

<映画>

<ドラマ・テレビ番組>

<音楽>

<BAD or GOOD?>

 

 

勝手気ままにイラストコラム 目次 <音楽>

音楽は私の生活には欠かせません。超個人的な音楽にまつわる投稿です。

アレルギー・ハンドメイドなどの育児漫画や水彩エッセイのサイトはこちら

 

 

●カテゴリー別 目次

<本>

<映画>

<ドラマ・テレビ番組>

<音楽>

<BAD or GOOD?>

 

 

「Sui彩日記」で育児マンガ、水彩イラストエッセイ公開中です。